Remains Aki Miyajima

CONTACT

Entry: main  << >>
杉山家の時計
 杉山家の時計
杉山家で実際に使われていた時計。
明治時代のドイツ製、メーカーはユンハンス。
夢野久作もこの時計の音を聞きながら
執筆していたと推測されます。

このサプライズ出品の経緯は、
満丸氏が「時計があるから出したい、
でもどこにあるかまだ見つけていない」
と、東京で話をされて、それならば、
草稿発見者の佐々木氏が「杉山家の時計」
と書かれた箱を九大で目撃していたので、
その場所の”宝の地図”を書いて送って、
探しに行った立石氏が発見!
ついでに私が出品に迷って見送っていた
「久作の鼓」も借りてきてくれました。

時計は壊れていて動かずでしたが、
立石家の三の間の壁にかけたら
再び時を刻み始めました。ミラクル!
でも時鐘は鳴りません。修理する計画。

会場にはコチコチコチコチ時計の音がして、
久作も聞いていたと思うと感慨深いです。

搬入中に共同通信社さんの取材が入って、
その日の夜にはもうネットで広まって、
翌朝は日経さん朝刊に発見のニュース掲載、
”「ドグラ・マグラ」の象徴的な音のモデル
とされる時計”、と書かれていてびっくり。

ブウウーーンンンのように唸るかどうかは
ご想像でお楽しみください。
| aki-remains | 00:05 | 胎児の夢 |