Remains Aki Miyajima

CONTACT

Entry: main  << >>
薤露行
 薤露行
「薤露行」(かいろこう)は
マロリーのアーサー物語とテニソンの叙情詩を
元に創作された、夏目漱石の叙情詩的散文。

薤露は大ニラの葉の上の露、儚い命を意味します。
騎士ランスロットを巡る、3人の女の恋の悲劇。

私の心に残るのはラストシーン、
白い百合と薔薇とエレーンの亡骸を乗せた舟、
美しく哀れな水面の情景が目に浮かびました。
漱石のロマンティックな一面は、英国留学中に接した
美しい絵画や演劇、詩などの影響なのでしょうか。

この「薤露行」をテーマに新作蔵書票を作りました。
6世紀の英国の風俗のイメージを掴むために
史劇映画「円卓の騎士」も鑑賞しました。
ロバート・テイラーのランスロットが素敵です。

若き漱石先生と、猫と文鳥も描き入れました。
漱石に捧げる蔵書票です。
| aki-remains | 03:19 | 漱石の宇宙 |