Remains Aki Miyajima

CONTACT

Entry: main  << >>
蛇女
 蛇女
今年制作する蔵書票の1つ目のテーマは
ジョン・キーツの物語詩「レイミア」。
ご依頼の票主はレイミア プレスさんです。

レイミア(蛇女)は尊敬する美術家が過去に
描いています、そのイメージをまずクリアして、
自分だけのレイミアを見つけなくては・・・、
そうして、課題本をお借りして半年が過ぎました。
偶然にも今年は巳年です。

蛇女の話は古今東西多種ありますが、
キーツの蛇女は人間の男性と婚礼をする悲劇。
レイミアは魔性の女なのか、愚かな善女なのか?

幻の宮殿で2人だけの甘い時間、
レイミアは破滅を覚悟で婚礼式を承諾し、
その死は恋人を道連れにしてしまう。

ジョン・キーツは英国ロマン主義の詩人、
婚約者と結婚できないまま25歳で他界。

もしも願いが叶うなら、一時でも好きな人と
幸福な時を過ごせるのなら、この命を捧げます、
キーツはそんな刹那の願いをしてしまうような
恋に生きる夢想家だったのだと、私は想うのです。
私の一番の願いも、叶わないまま終わりました。
その叶わなかった願いのために、描きたい。

私の中の蛇が、レイミアにシンクロしはじめました。
| aki-remains | 15:58 | 蔵書票と本 |