Remains Aki Miyajima

CONTACT

Entry: main  << >>
廃色の都
 端島1
長崎港から高速船で40分、軍艦島(端島)へ。

言わずと知れた絶海の廃墟島。
明治、大正、昭和と石炭を採掘し、
日本近代建築の礎となった人工都市でありながら、
1974年に端島炭鉱の閉山と共に無人島に。
まるごと人に棄てられて、風波にさらされ滅びゆく島も、
近年は堤防などが補修され、観光用の見学路も整備され、
廃墟から産業遺産へと生まれ変わりつつあります。

私が軍艦島を知ったのは1993年の写真集。
モノクロームのリメインズされた世界に魅了されました。
あれからさらに年月の経過した世界に、ついに上陸。

端島2

鉱業所の遺構はそのほとんどが崩壊していました。
破壊されたコンクリート瓦礫の続く光景は凄まじい。
日本のエネルギー産業を支えた栄光の歴史だけでなく、
戦中には強制労働で連行され、故郷に帰れないまま
この島で亡くなった方も多かったのだそう。

端島3

奥に見える7階建てが、有名な大正5年築の
日本最古の鉄筋コンクリート高層アパート。
ガイドさんが昔このアパートに住んでいた!
というお話をされて驚きました。

上陸しても入れるのは見学路だけで
ここから先の島内の立ち入りは禁じられています。
高層住宅密集側は帰りの船で周って見学。
波がとても高く、激しい揺れと波飛沫ざばざばの船上、
根性でデッキ席から撮影。寒い!!!
海の激しさも体感して、島の洗礼を受けた気持ち。

端島4

冬のはじまりを予感させる重い雲が晴れた空の下、
遠ざかっていく廃色の都に、感動。
| aki-remains | 00:41 | リメインズ紀行 |